2016年11月15日

チェコに行って来ました−2

IMG_0558.JPG


空港からAndelにあるイビスプラハマラーストラナまでは市バスの191番で約1時間。直行です。バス停からホテルまでは2分ほどなので、これ以上の交通手段はないでしょう。

チェックインして荷物を片付けたら、もう3時半。とりあえず時差調整のためにも身体を動かしたいということで市内へお散歩に出かけました。そして夕暮れのプラハ城とカレル橋方面をぱちり。なんとなく方角と距離感は掴めました。本当に歩いても小さな街のようです。

その日はさっさと食べて寝ようということになり、ガイドブックにあったお店に入りました。しかし、ここでトラブル発生。
ちょうど客がなだれ込んだところに、サービスするお姉さんはひとりだけ。当然のことながら、多くの客が座っているのにテーブルが空っぽと言う状態です。「この店、料理出るん遅いんちゃう?」とひとりが言い出しました。それに私がイライラ。「じゃあ、出る?」と口調が強くなります。お互いに時差で眠いんだし、我慢我慢。出ると言っても知らない土地で心当たりのある店があるわけじゃなし。我慢です。

ソフトドリンクよりもビールが安いというのは本当でした。確か、水よりも安かったような。それに、水道水をピッチャーに入れたものにもお金を取っていました。水が貴重なんですね。

なぜか豚をがっつり食べたい人と、軽めに済ませたい人がいたのでシェアにしました。こういう時、共同財布を作っておくと支払いで揉めなくていいよね。

初日のメニュー
シュニツェル(トンカツ)
豚肉のソテークリームソース
サラダ


とにかく、肉、肉、肉です。
旅行中、ずっとがっつり派とずっとサラダ派がいてほとんどの食事はシェアしていましたが、がっつり派さんは足りないらしく、初日から「ラーメン食べたい」と毎日いっていました。お湯も沸かせないホテルで、どうするの!いや、3泊くらい我慢しーなと言いくるめながら過ごすことになるのです。

あと旅行中に美味しかったものは、これ!

IMG_0611.JPG


マッシュルームのフライ。
まるごとマッシュルームをフライにしてあるだけなのですが、ランチにぴったりの量と味。はまりました。

最後にもちょっとしたトラブルが。
着いたばかりなので、現地通貨もそんなに小銭がありません。手元にあるお金ではチップを払うには少し多めか、ほんの小銭だけになってしまうので私が思案していたら、放たれた言葉がこちら。

「二度と来ーへんねんし、小銭でいいやん」


いやいや、そういう訳にはいきません。食い逃げみたいになっちゃいますから。
かなりカチーンと来たのですが、なにせ彼女にとって初めてのヨーロッパ旅行。もう少し、地元の慣習に慣れて欲しいなと思いつつも「初めてなんだからーーーーーーーー」と腹に収めてその場を乗り切りました。
もちろん、少し多めのチップでお支払しました。

まだまだ続きます。
posted by ねぇ at 16:11| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェコに行ってきました−1

IMG_0534.JPG


突然振って湧いた友人とのチェコ旅行。関空発着という条件でしたが、エミレーツ利用と行き先が行ったことないチェコだったので、行きたいのはヤマヤマ。あとは仕事を休めるかというところで職場に尋ねた所、許可を頂き行ってきました。時期は10月中旬。ダウンジェケットが必要でした。

メンバーは看護学校時代の友人2人と私の三人旅です。年賀状くらいしか連絡を取り合ってなくて、25年ぶりに旅行するということに少し不安はあったけれど、同じ寮で過ごした仲ということもあり、お互いの性格も相変わらずだったので、問題なく行けました。

エミレーツは座席が幅も前席との空間も広くて、今まで乗った飛行機とは全然違いました。ほとんどアラビア色がないのは残念でしたが、食事もおいしくて満足でした。夜は天井にプラネタリウムが広がり、ちゃんと朝焼けになってから明るくなるという演出も好感がもてました。

IMG_0550.JPG


行ってみたかったドバイ空港。
アラブの王様がゾーロゾロなのかと思いきや、そんな人はほんの少しで、一般旅行客で溢れ帰っていました。聞いていた通りターミナルは広大でしたが、フランクフルトとそんなに変わらないような。。。車を売っていたり、一軒の店の広さはドバイの特徴かもしれません。次の店へ移動するのが大変。

IMG_0547.JPG


乗り継ぎが4時間以上だったのでエミレーツからミールクーポンが関空で出ました。せっかくなのでアラビア料理の店を選ぶと、4種類くらいのメニューを渡され、選びました。どうも、モーニングセットのような感じでした。
私が選んだのは分厚いガレットにチーズを巻いたようなものでした。これが焼くのに時間がかかるようで、忘れ去られているのかとヤキモキ。でも、ホカホカの食事は寝不足の身体に元気を与えてくれます。
ドバイ空港の乗り継ぎ時間は、行きが4時間、帰りが3時間でした。これが長過ぎるかといえば、そうでもなく。3時間くらいはあっという間に過ぎるので気にならないと思います。
最後に、ドバイらしいラクダさんをどうぞ。この先、ブログは続きます。

IMG_0686.JPG


posted by ねぇ at 15:45| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。