2016年11月16日

チェコに行ってきました−3

IMG_0592.JPG


到着翌日、みゅうという現地ツアー会社に申し込んでおいたプライベートツアーでチェスキークルムロフへ。団体ツアーだと、到着翌日の早朝に、旅慣れない2人を連れて集合場所へ行く自信がなくて、少し贅沢してプライベートツアーにしました。もちろん、プライベートツアーなのでお客は私たちだけ。

ガイドは同年代のTさん。
車中はチェコの社会情勢などを詳しく話してくれました。なんだか、ガイドさん含めて4人旅みたいで楽しい。

途中、ピーセックという小さな街でヨーロッパ最古の石橋と言われる橋を見て、世界遺産のホラショヴィッツェ

IMG_0570.JPG


こちらホラショヴィッツェは50人ほどのコミュニティで、静かな、ひたすら静かな村でした。

メインのチェスキークルムロフはプラハにいる王様と対等に渡り合えるような貴族が作ったお城。岩の上に建てられていて荘厳です。世界遺産の町並みはモルダウ川に抱かれて、色づき始めた樹々も相まって絵画のようでした。

同行者の2人は写真を撮りまくりです。ひとりがエゴンシーレ美術館に行きたいと言ったので、お城の見学も少し短くして時間を確保してもらいました。この辺りがプライベートツアーのいいところ。

ランチは、

IMG_0611.JPG


マッシュルームのフライです。
私は毎食のようにビールを飲んでいるのですが、あとの二人は頼んでもボトルの水。ふとすると何も頼まない。こういうときは頼むものだということをうまく伝えられずに終わりました。これも習慣なので、頼んで欲しかったな。

午後のフリータイムはひとりはエゴンシーレ美術館へ、ひとりは町並みスケッチへ、私は酔い覚ましのコーヒーで過ごしました。

帰りの車中でガイドさんが翌日の予定を聞いてくれました。
プラハ城に行くには早朝がおススメなこと。ミュシャの絵を見たいのなら、6番のバスで行けることなど。とても詳しく教えてもらい、本当に助かりました。

そんな話をしているうちに、プラハへ戻りました。
夜はホテル前のホスポダ(居酒屋)のZlaty Klasへ。ここが大人気のホスポダのようで、満員です。ここでは豚の膝の丸焼きをいただきました。コラーゲンたっぷりで美味しい。グラーシュは赤ワインたっぷりで、お酒に弱い2人はちょっと無理っぽかったです。

イビスマラーストラナホテルはモールに近くて、毎日スーパーに通っていました。お土産ももちろんそこでゲット。このホテルは市街地から少し離れているので行くまでは少し不満だったのですが、空港からのアクセスといい、スーパーがあることといい、トラムや地下鉄、バスも使い放題なので何の不便も感じませんでした。おススメホテルです。

posted by ねぇ at 13:09| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。