2014年04月11日

軍艦島

熊本も4泊したら、ちょっと飽きます。
日帰りでどこか行こうかと考えて、中心部にある交通センターの旅行カウンターで日帰り旅行を探しました。

そこで見つけたのが軍艦島ツアー。ここは、Tonoの出張で訪れる機会もないだろうし、ひとりで行くにはうってつけ。早速手配してもらいました。

日帰りツアーと言っても、カーフェリーや高速バスを手配してくれて、自分で乗り継ぐ個人旅行の扱いでした。

交通センターを出たツアーバスは、フェリー経由で雲仙普賢岳の火砕流跡地に立ち寄ります。溶岩ドームは生々しく、埋もれたまま家は当時をしのばせてくれます。
IMG_0575.JPG


IMG_0577.JPG


途中、バスの乗客が行方不明になる(違うバスに乗っていた)というハプニングがありましたが、無事に長崎港の軍艦島ツアーに間に合いました。

IMG_0586.JPG


廃墟ブームで有名になった島ですが、今はツアーでしか渡航できないそうです。軍艦島について解説してくださるガイドさんは、とても詳しく説明してくださり良かったです。
人が作る産業の栄枯盛衰について、肌で感じられる場所です。人間が作ったものは自然には還らない。荒廃していくのみであることを実感しました。

IMG_0596.JPG


IMG_0592.JPG


帰りは熊本まで高速バスで3時間。土地勘があったら、こんなに遠い日帰り旅はしなかっただろうけど、良い巡り合わせで軍艦島に触れる事ができました。

posted by ねぇ at 00:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394634113

この記事へのトラックバック