2015年11月24日

間取り打合せ その2 都市部の限界

最初の打合せからたった1週間で、設計士さんは2案を提示してくれた。
リビング階段あり/なしプラン。

Tonoはリビング階段&吹き抜けが欲しい


しかし、一見しただけでリビング階段は無理ということになった。だって、リビングの広さが欲しいのに、限られた面積の中で階段を作るのは苦しいんだもの。わが家のリビングが南に面しているから、もったいないというのもある。とにかく、リビング階段は無理。
それに、階段から埃が落ちてきそうでノリ気じゃない←私

とにかく狭い。これに尽きる。
もう狭すぎて、どこにこれを移動なんて大きな変更は素人には言い出せない。それほどアイデアが生まれない。都会で暮らすってこういうことなんだね。
車の大きさもきっちり測って配置図に落とし込まないと、頭が出たりするし。それほどきちきち。

北側は斜線規制が入るから、天井高は1200ミリまで下がってくる。東西の窓はかすみガラスとか。もうヒトが住むエリアじゃないね。窮屈すぎる。なのに破格に高い東京のおうち(泣)

まあ、そんな文句ばっかり言っていても仕方ないので、ない知恵ひねり出す。
wicをなんとか収納力アップさせるために、一条自慢の収納ユニットが入らないかとか。小さな知恵の積み重ねで、思い入れのある家を作ろうよ。そう自分を鼓舞するのであった。


posted by ねぇ at 18:20| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。