2015年12月11日

設備打合せ  諦めきれない人々

IMG_0099.JPG


久しぶりの休日。明治神宮へお散歩に行ってきました。
前回のアップロードからの間に、土地の決済が終了。登記識別情報のシールが剥がされていたというアクシデント発生したが、なんとか決済が無事に済んだ。これで我が家の土地となったので、なにかと動きやすい。そして、つなぎ融資を使わないのでローンが始まる。

さて家の方は、3回の打合せで間取りがほぼ決まって来た。一生住む家の間取りがこんなに早く決まるのは不思議な感じがする。安曇野の家の場合、間取りが決まったら着工して、建てながら電気配線や壁紙などを決めていくスタイルだった。
だけど、一条工務店は違う。資材をフィリピンで加工して来るので、コンセント位置まで決まっていないと加工が始められない。そのオーダーを入れるまでに、ほぼ全てのことを決めるのだ。

間取りの大きな変化は、最後に家電収納を止めてパントリーを追加したくらい。設計士さん泣かせなのは、以前と変わらず。
あとはひたすら設備関係の打合せだ。この設備、一応、一条標準がある。けれど、前の家を建てる時にいろんなショールームを見てきた眼には、どうしても物足りない。主なグレードアップは以下のとおり。

オンションのフローリングへ変更
一条オプションのテレビボード追加
玄関にピクチャーレール追加
タンクレストイレに変更
手動式ホスクリーン追加
ハニカムシェード吹き抜け窓に採用
玄関キーを電子錠に変更


などなど。結局、安曇野の家に付いていた設備がそのまま欲しいのだ。それでも譲歩した方。とにかく諦めきれないのだ。

実現しなかったのは、玄関に鏡をつけて欲しいのだが、ガラス屋さんとの取引がないとのことで叶わず。代わりに、ネット店舗で出張貼付けのあるサイトを教えてもらった。

あとは電気配線関係のみ。
打合せもラストスパートだ。

posted by ねぇ at 14:36| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431025402

この記事へのトラックバック