2016年03月04日

あれから1年半

IMG_0098.JPG


あれから半年。そう、安曇野から東京に引っ越してきて1年半になります。

ある時、「東京に来てみて、どうですか?」と聞かれました。確かに、安曇野を大泣きで去ってから、気持ちはどう変化したのでしょう。

本音を言うと、ホッとしています。

安曇野暮らしは近隣の人に恵まれて楽しかったし、家にも愛着がありました。それに比べ、東京生活は友人はたくさん住んでいますが、日常的に顔を合わせる人はいません。結構孤独です。

それでもホッとしているのは、クルマ生活のせいです。
私もTonoも車がなくても暮せる環境で育ちました。そんな2人で高齢になった時、どうなるんだろうと不安を抱いていました。安曇野では、どこへ行くにも車ですから。

その点、東京は満員とはいえ電車がすぐに来ますし、タクシーだってすぐにつかまる。そんな環境は高齢になったときの生活に安心感を与えてくれます。

その他にも、仕事を得たというのもホッとできている一因だと思います。

そんな訳で、結構快適に暮らしています。近況報告でした。
posted by ねぇ at 17:21| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | ささいな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。