2016年11月15日

チェコに行って来ました−2

IMG_0558.JPG


空港からAndelにあるイビスプラハマラーストラナまでは市バスの191番で約1時間。直行です。バス停からホテルまでは2分ほどなので、これ以上の交通手段はないでしょう。

チェックインして荷物を片付けたら、もう3時半。とりあえず時差調整のためにも身体を動かしたいということで市内へお散歩に出かけました。そして夕暮れのプラハ城とカレル橋方面をぱちり。なんとなく方角と距離感は掴めました。本当に歩いても小さな街のようです。

その日はさっさと食べて寝ようということになり、ガイドブックにあったお店に入りました。しかし、ここでトラブル発生。
ちょうど客がなだれ込んだところに、サービスするお姉さんはひとりだけ。当然のことながら、多くの客が座っているのにテーブルが空っぽと言う状態です。「この店、料理出るん遅いんちゃう?」とひとりが言い出しました。それに私がイライラ。「じゃあ、出る?」と口調が強くなります。お互いに時差で眠いんだし、我慢我慢。出ると言っても知らない土地で心当たりのある店があるわけじゃなし。我慢です。

ソフトドリンクよりもビールが安いというのは本当でした。確か、水よりも安かったような。それに、水道水をピッチャーに入れたものにもお金を取っていました。水が貴重なんですね。

なぜか豚をがっつり食べたい人と、軽めに済ませたい人がいたのでシェアにしました。こういう時、共同財布を作っておくと支払いで揉めなくていいよね。

初日のメニュー
シュニツェル(トンカツ)
豚肉のソテークリームソース
サラダ


とにかく、肉、肉、肉です。
旅行中、ずっとがっつり派とずっとサラダ派がいてほとんどの食事はシェアしていましたが、がっつり派さんは足りないらしく、初日から「ラーメン食べたい」と毎日いっていました。お湯も沸かせないホテルで、どうするの!いや、3泊くらい我慢しーなと言いくるめながら過ごすことになるのです。

あと旅行中に美味しかったものは、これ!

IMG_0611.JPG


マッシュルームのフライ。
まるごとマッシュルームをフライにしてあるだけなのですが、ランチにぴったりの量と味。はまりました。

最後にもちょっとしたトラブルが。
着いたばかりなので、現地通貨もそんなに小銭がありません。手元にあるお金ではチップを払うには少し多めか、ほんの小銭だけになってしまうので私が思案していたら、放たれた言葉がこちら。

「二度と来ーへんねんし、小銭でいいやん」


いやいや、そういう訳にはいきません。食い逃げみたいになっちゃいますから。
かなりカチーンと来たのですが、なにせ彼女にとって初めてのヨーロッパ旅行。もう少し、地元の慣習に慣れて欲しいなと思いつつも「初めてなんだからーーーーーーーー」と腹に収めてその場を乗り切りました。
もちろん、少し多めのチップでお支払しました。

まだまだ続きます。
posted by ねぇ at 16:11| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443978352

この記事へのトラックバック