2016年07月23日

気密測定

IMG_0370.JPG


しばらくぶりです。ちょっと忙しくしていました。

上記の写真、覚えのある人もいるのではないでしょうか?新居の気密測定です。

一条工務店は長野のハウスメーカー同様に全戸の気密測定をしてくれます。我が家は夏も冬も快適に過ごすために、家の気密性と断熱性能をとても重視しています。これは、リフォームなどでは実現しない家の性能だからです。

長野の時は家が完成してから測定したのですが、一条は構造が仕上がった時点で測定します。現場監督さんがトラブルで遅刻だったので、新人社員さんが担当します。
測定の仕方の詳細は、専門的なことなので割愛。

我が家の成績(速報値)

C値 0.5㎠/u


なんか、前より悪いような。。。それでも優秀な数値ですけど。C値が2以下は気密住宅というページもあったので、これで東京なら十分なのかもしれません。

一条さんの不安ポイントは、内断熱なこと。セゾンだと外断熱は選べなかったので仕方ありません。在来工法で自由な間取りを優先したので。それでも結露しないという言葉を信じています。

ただいま絶賛木工事中の我が家。9月に引渡しです。

posted by ねぇ at 09:40| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

美味しい1月

IMG_0232.jpg


年末は嵐のコンサートで夢のような時間を過ごした、ねぇです。
今年もほそぼそと更新しますので、よろしくお願いします。

いや、1月下旬はTonoがアメリカ出張しまして、お留守番でのびのびさせてもらいました。毎日のように友達と食事して、美味しい1月でした。
まとめてみると、

☆ 外苑前のPORTUSでカジュアルフレンチとワインのマリアージュ
☆ 荻窪のGENERAL WARRANTで鴨のガルビュール(写真)とワイン
☆ 吉祥寺のアムリタ食堂でタイ料理ランチ
☆ 吉祥寺のノ貫でおひとりさま日本酒
☆ 京都の京都ネーゼで絶品イタリアン
☆ 京都の大傳月軒で個室中華
☆ 京都(小倉)のルラーシュで野菜フレンチ
☆ 和歌山のTonoの実家で大量のふぐ鍋
☆ 新宿の大陸で懐かしの餃子

どれも満足のクオリティでした。
こんなに美味しい物ばっかり食べたので、1週間で痩せてびっくりさせてやろうと思っていたのが、まさかの増量でびっくりになってしまいました。

今日から手料理で痩せるんだ。ほんとかな。

posted by ねぇ at 17:28| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

設備打合せ  諦めきれない人々

IMG_0099.JPG


久しぶりの休日。明治神宮へお散歩に行ってきました。
前回のアップロードからの間に、土地の決済が終了。登記識別情報のシールが剥がされていたというアクシデント発生したが、なんとか決済が無事に済んだ。これで我が家の土地となったので、なにかと動きやすい。そして、つなぎ融資を使わないのでローンが始まる。

さて家の方は、3回の打合せで間取りがほぼ決まって来た。一生住む家の間取りがこんなに早く決まるのは不思議な感じがする。安曇野の家の場合、間取りが決まったら着工して、建てながら電気配線や壁紙などを決めていくスタイルだった。
だけど、一条工務店は違う。資材をフィリピンで加工して来るので、コンセント位置まで決まっていないと加工が始められない。そのオーダーを入れるまでに、ほぼ全てのことを決めるのだ。

間取りの大きな変化は、最後に家電収納を止めてパントリーを追加したくらい。設計士さん泣かせなのは、以前と変わらず。
あとはひたすら設備関係の打合せだ。この設備、一応、一条標準がある。けれど、前の家を建てる時にいろんなショールームを見てきた眼には、どうしても物足りない。主なグレードアップは以下のとおり。

オンションのフローリングへ変更
一条オプションのテレビボード追加
玄関にピクチャーレール追加
タンクレストイレに変更
手動式ホスクリーン追加
ハニカムシェード吹き抜け窓に採用
玄関キーを電子錠に変更


などなど。結局、安曇野の家に付いていた設備がそのまま欲しいのだ。それでも譲歩した方。とにかく諦めきれないのだ。

実現しなかったのは、玄関に鏡をつけて欲しいのだが、ガラス屋さんとの取引がないとのことで叶わず。代わりに、ネット店舗で出張貼付けのあるサイトを教えてもらった。

あとは電気配線関係のみ。
打合せもラストスパートだ。

posted by ねぇ at 14:36| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

間取り打合せ その2 都市部の限界

最初の打合せからたった1週間で、設計士さんは2案を提示してくれた。
リビング階段あり/なしプラン。

Tonoはリビング階段&吹き抜けが欲しい


しかし、一見しただけでリビング階段は無理ということになった。だって、リビングの広さが欲しいのに、限られた面積の中で階段を作るのは苦しいんだもの。わが家のリビングが南に面しているから、もったいないというのもある。とにかく、リビング階段は無理。
それに、階段から埃が落ちてきそうでノリ気じゃない←私

とにかく狭い。これに尽きる。
もう狭すぎて、どこにこれを移動なんて大きな変更は素人には言い出せない。それほどアイデアが生まれない。都会で暮らすってこういうことなんだね。
車の大きさもきっちり測って配置図に落とし込まないと、頭が出たりするし。それほどきちきち。

北側は斜線規制が入るから、天井高は1200ミリまで下がってくる。東西の窓はかすみガラスとか。もうヒトが住むエリアじゃないね。窮屈すぎる。なのに破格に高い東京のおうち(泣)

まあ、そんな文句ばっかり言っていても仕方ないので、ない知恵ひねり出す。
wicをなんとか収納力アップさせるために、一条自慢の収納ユニットが入らないかとか。小さな知恵の積み重ねで、思い入れのある家を作ろうよ。そう自分を鼓舞するのであった。


posted by ねぇ at 18:20| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

間取り打合せ その1

IMG_0075.JPG


地盤調査の結果も良好で、銀行ローンの目処も立ったので、落ち着いて打合せに入ります。

設計士さんが登場し、まずは自己紹介。とてもいい企画ですね。初対面なのに打ち解けました。
もともと営業さんに伝えていた要望事項の確認をしながら、具体的な聞き取りをする感じでした。おおまかなわが家の要望は、

■ リビングは広く
■ ダイニングとリビングがだらだら続くのはNG。なんらかの区切りを。
■ 吹抜けが欲しい
■ リビング階段も(Tonoの強い要望)
■ やっぱり縦格子も欲しいよね♡
■ 外壁タイル
■ オール電化などなど


要するに、リビング階段以外は安曇野の家と変わらない要望なんだよね。そのコンパクト版を作るのに、頭を捻ろうというもの。これがなかなかの作業なんだけど。

設計士さんはなんども「ほかにご希望はありませんか?」と聞いてくださるので、これだけの希望を挙げておきながら「いやーーー、そんなにないですよ」なんて言ってしまう始末。それだけ、根掘り葉掘り聞いてくださいましした。

これらを元に、設計士さんが2案を考えてくださることに。リビング階段ある/なしバージョンでお願いしました。たった1週間でできるのかしら〜。まあ、プロにお任せだね。

通常、2、3回の打合せで設計が固まるというのだけど、本当にそんなで決まるのか?ワガママ言わないようにしようっと。

posted by ねぇ at 16:12| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

地盤調査

IMG_0061.JPG


本日はこの一式を使っての地盤調査でした。いま、マンション偽装で話題の地盤のお話です。

スウェーデン式サウンディング試験というものらしいです。営業担当さんが若者2人とで担当します。営業さんがやることにちょっとびっくり。
営業さんは重さをかけること、モーターでグリグリと掘って行くことなどを丁寧に説明してくれました。

なぜかうちの地盤は表層に堅い層があるらしく、若者くんが電動ドリルで格闘してからのスタートとなりました。
確かに説明通りに、柔らかい層と堅い層があることがよく分かりました。そして、地中10メートルほどに堅い地盤層が確認されました。

総合的な評価のために、専門の部署で報告書が作成されるそうです。
ちょうど分筆の作業が終わっていることも確認できたし、やっぱり現場通いは楽しいね。
明日から本格的な打合せ開始です。


posted by ねぇ at 17:10| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

イタリアの旅;ローマ

IMG_0855.JPG


7泊9日のローマ・ナポリの旅。きっかけは、「ナポリのピザを食べてみたい」でした。

まずはローマに4泊。これは、少し長過ぎた。ローマは3泊でもゆっくり見て回れると思いました。
フォロロマーノやコロッセオなどは、友人のアドバイスで朝一番にフォロフォマーノでチケットを買うことで、混雑に巻き込まれずに見て回る事ができました。

スペイン広場に寄った帰り、地下鉄が大混雑で押せ押せと乗車したところ、立ち位置が少し離れてしまったTonoが「スラれた」と言いました。「????」

スリと言えば、知らない間に財布などを取っていくものと思っていました。しかしTono曰く、ズボンのポケットに荒々しく手を突っ込まれてスラれたと言うのです。日本のスリはプロだけど、ローマのスリはアマチュアなのか。。。どおりで、中高生くらいの子ども達が慌てて車両から降りていきました。

イタリア旅行の洗礼かよ


まあ、スラれたのが電車賃として入れておいた「見せ金」なので、仕方ありません。カード類やパスポートが無事だっただけに、ダメージは最小限でした。

それでもTonoは嫌な思いをしたらしく、できるだけ手ぶらで出かける事となりました。一番安全なのは、ホテルの部屋のセキュリティボックスかな。

お気に入りのレストランを見つけました。


IMG_0858.JPG

 
ウェイターさんがキビキビ働いていて、なにより美味しい。日本語メニューもあるけれど、英語メニューの方が料理の様子がよく分かるかも。日替りのお惣菜で前菜盛りとか作ってくれるし、毎日行っても飽きないです。デザートのプリンもおススメです。
実際に3回も行ったので、オーナーさんまで覚えてくれました。

ある日はバチカンから3時間くらいかけて駅前のホテルまで歩きました。パンテオンやトレビの泉といった観光スポットを巡りながら歩けるように標識が出ています。途中、Gelateria Verde Pistacchioで絶品のピスタチオのジェラートを頂きました。甘さ控えめなのに濃厚で、日本では食べた事のない味でした。

IMG_0745.JPG



まだまだ続く、イタリア旅行報告

posted by ねぇ at 10:44| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

熊本の旅

ごぶさたしてます。元気にしています。
大雪の直後、2月17日から熊本に行く機会がありました。松本空港からフジドリームエアラインで福岡へ。福岡から九州新幹線で36分で熊本に到着です。思った以上に新幹線のおかげで楽な旅路でした。

福岡駅のホームに上がると、ドクターイエローがお出迎えしてくれました。

IMG_0562.jpg


なんだか、良い予感。
Tonoは私の興奮っぷりに戸惑っていましたが、周りの人たちも写真を撮っていたので、なんとなく人気は分かったようです。

熊本には4泊もしました。ホテルは少し怪しげな場所でしたが、大抵の場所が徒歩圏内だったので、助かりました。熊本の観光地と言えば、熊本城と水前寺公園。水前寺公園では梅が満開でした。

IMG_0569.JPG


4泊もすると飽きる。。。
そこで見つけたのが、サントリープレモル工場です。無料シャトルが中心部の交通センターから出ていて、工場見学も無料となれば、行くしかありません。

IMG_0573.jpg


平日のため、工場ツアー参加者は4名でした。沖縄、宮城、長野からの参加者と、いかにも観光客です。
お姉さんの解説を聞いているだけで、プレモルの美味しさが伝わってきます。試飲を待ちきれない!

試飲は3杯までと言われたので、この機会にオールフリーを1杯と、プレモルを2杯いただきました。
過去に、ハイネケン、カールスバーグ、サントリー白州と工場見学ではいつも美味しさ倍増なのを知っていたので、今回も楽しく試飲させてもらいました。

ぷはーーーーー


昼間っから飲めるなんて、最高です。自宅に戻っても、麦のジュースの美味しさにハマっているねぇでした。

posted by ねぇ at 13:03| 長野 | Comment(1) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

喘息発作

相変わらず、喘息発作に悩まされている、ねぇです。
なんで転地療法先としても好まれるような場所なのに、安曇野の来てからの方が発作が多いというのはどういう事でしょうか?

ちょっとだけ気圧が低いからとか、東京では発作でも気づかずに無理していたとか、そんなこと考えています。

今の主治医は信頼のおける先生です。
ただ、大学病院に通院するのは億劫だからと、バイト先の民間病院で診てもらっているのです。これが便利なようで不便でもあり。定期の通院は空いていて、あっという間に終わるのですが、発作時に診てもらえなくて困ります。

大学病院には出来るだけ行きたくないのですが、発作時だけ、その先生の大学の外来日に来るように言われてしまったのです。
今回、初めて信州大学病院に行きました。

先生が受付表を見て気づいてくださったのか、すっとばして一番に呼んでもらえました。助かった〜。
点滴をして、どーーーんと内服ステロイドもらって帰ってきました。

今回は、なかなかすっきりとはしません。
明日の東京行き、我慢できるかなぁ。心配。

クリスマスには呼吸困難も良くなって、楽しめますように。

posted by ねぇ at 12:42| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

アムステルダムへの旅

IMG_0422.JPG


早朝、というより深夜の2時に集合して、車で成田まで4時間。つらいつらい始まりでした。
それでも空港に到着するとテンションは上がるもの。今回は、初めてA380を利用しました。

チェックインしたら、とりあえずレッドカーペットクラブでシャワーを浴びてさっぱり。これで、少しは疲れが取れるはずです。(もう、疲れている)スープなどを少しいただき、ANAラウンジへ移動します。ヌードルバーを横目に見ながら、食べ過ぎたら辛くなるので我慢、我慢です。

間近で見るA380はイルカに似ていると思うのは私だけでしょうか。個体識別の名前はBrusselでした。

事前のWebチェックでは、ルフトハンザのビジネスにはスリッパがないという前触れでしたが、今回はちゃんとありました。肘掛けの後部にアメニティ、ボトル水、スリッパが収納されています。
今時、ビジネスクラスのシートがフラットにならないなんて信じられない気持ちでしたが、案外深いリクライニングでも十分眠れました。

食事ですが、一食目はステーキで。デザートにチーズとフルーツをもらったら、ドリンク担当のCAさんが「ポートワインにするでしょ」と言ってくれたのですが、甘いのは避けたかったので赤ワインでいただきました。

問題は二食目です。
和食がうなぎご飯とあったので、いつも洋食のTonoでさえもうなぎモードに燃えています。ですが、私たちの席は前方。サービスは後方からとなっています。
私は上手い具合にうなぎをgetしたのですが、Tonoの分は残っているのかヒヤヒヤしました。夫婦喧嘩になりかねません。
そこはうまく、Tonoもうなぎをgetしました。インゲンなどの添え物があったのですが、それらを排してうなぎを一面に敷き詰めて欲しいというのがTonoの感想でした。

考えてみれば、わが家の近くのスーパーではろくなうなぎが売っていません。それだったら、真空パックのうなぎをレンジで温めるだけで十分機内食のクオリティは満たしそうなものです。他社でもやって欲しいな。

下の和食は帰りの一食目。
洋食のハムの盛り合わせがなかったので(またも、前方の悲劇)、試しに前菜だけ和食を貰えないかと交渉した所、CAさんが配慮して持ってきてくださいました。ひと口のおそばでもリフレッシュするものです。この後のメインは洋食をいただきました。

IMG_0502.JPG








posted by ねぇ at 18:39| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

ゴールデンウィーク

遅ればせながら、ゴールデンウィークの報告を。

やっと、やっとの思いで取れた東京1泊旅行。
Tonoがずーーーーーっと仕事場に張り付き状態だったので、諦めかけた休みでした。思わずもらった休日。

行きは山梨の「ほったらかし温泉」を満喫。
夜は、行きつけの寿司屋さんが頑張って席を用意してくれたので、1年半ぶりのお寿司をいただきました。
翌日は、Tonoの身の回りのものを買いに伊勢丹へ。

期待していなかったからなのか、久々にリフレッシュしました。
最近はメニューを考えるのが億劫だったけど、そのスランプも脱してよかった。

帰りはスイスイ2時間半で到着。本当に近くて遠い東京です。

次は、夏の学会旅行までおとなしく、ルーチンワークを大切に過ごそうと思います。



posted by ねぇ at 18:34| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

最近のハマりもの

元気にしてます。いや、元気になりました。
2月、3月と喘息発作で苦しんで、ちゃんと診療してもらうための患者の心得を学びました。

ブログは閉鎖も考えたけど、また何か書きたくなるかもしれないし、当分は続けようと思います。

で、最近はなにしてるかって、ジム通いです。
喘息の治療で内服ステロイドが始まって、主治医からも体重コントロールをなんとかせよと言われたので、真剣にジム通いしています。(ステロイドは副作用で体重が増加する)

なんと、2ヶ月間、週に5回という脅威のペースです。
筋トレして、1時間歩いて、たまにスタジオプログラムやって、2時間程度の滞在。600カロリーの消費が目標です。

食事は変更する気がないので急激な体重の変化はないけれど、ステロイドを飲んでいる割にゆっくり減っているので自己満足しています。

スタジオが難点でして。。。ダンスやステップって苦手。
選んだのがボスっていう器具を使うプログラム。バランスボールを半分に切って伏せたような器具に乗って、ステップ踏んだり、片足上げたり、ぼよよ〜んとジャンプしたり。はじめは乗っているだけでふらふらだったけど、今では片足を上げられるようになりました。

302217_detailImage1.gif


インナーマッスルを鍛えられるそうです。ほんとかな。

まあ、そんなで元気にしています。
GW。。。ノープラン。どこにも行けない予感。
大人しくしています。

posted by ねぇ at 20:16| 長野 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

おこひる

アップしない理由。。。別にないんですけど。
たわいない話から。

先日、地元のりんご農家さん宅にお邪魔する機会があった。時間はちょうどおこひるの時間。
早速に、りんごはもちろん、ほうれん草のおひたし、ケーキや漬け物とコーヒーやお茶を頂いた。この品揃えは、この辺りでは常識らしい。

私は来客時にだけこれだけの品揃えかと思っていたので尋ねてみたら、普段の農作業の合間にも同様の品揃えらしい。私のリサーチでは、

お菓子
フルーツ
煮物
漬け物
コーヒー
お茶


これがベースと思われる。以前、大工さんのお家でいただいたのも、同様だった。
やっぱり、農作業は力仕事なんだなとか、お嫁さんは仕事が多いんじゃないのとかいろいろ考えた。

帰りに「りんごはまーるく剥いたらだめよ」と言われた。この辺りでは、櫛形に切り取った一切れを剥き、食べる人に手渡し、また櫛形に切り取るという作業が続く。この方が、表面が乾燥しなくて、食べたいだけを食べられるという知恵を授けてもらった。

ぐ〜たら嫁なんだから、たまの休日くらいおこひる並のもてなししなくちゃな。
その前に、二人で活動的にならなくちゃ。

おしまい。
posted by ねぇ at 19:56| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

静寂の価値

IMG_0335.JPG


週末、中山高原のそば畑を見に行ってきた。

去年も訪れたのだけど、今年は残念なことがあった。
地元商工会がスピーカを使って、大音量でロケの様子をアナウンスしているのだ。また、途中にあった小屋をレストランに改装し、たくさんのぼりを立てて宣伝している。写真は苦労して撮ったのぼりが少しだけのバージョン。多くのカメラマンが訪れていたが、北アルプスをバックにした写真を撮りたくても、のぼりや宣伝用のテントと車両が邪魔になったことだろう。

静寂には価値がある



以前、このブログで『うるさい日本の私』という本を紹介した。→過去ログ
垂れ流しのアナウンスは、音環境を破壊する。
そば畑なんて自然を楽しみに来ているのに、大音量なんて問題外である。(商工会の人には苦言を呈した)

さらに、景観が売りなのに、それを阻害してどうするよ。
宣伝したいなら、駐車場エリアに限定すれば良い。そうすれば、多少の音も広告物も景観を阻害しない。

これが、去年の写真。不要なのぼりや車両がなくて美しい。どこからでも写真が撮れる平和な時間を楽しめた。
110827_1307~01.jpg


商工会の人が、ないことの価値を学ぶのは、観光客の足が遠のいてからでは遅いのだ。彼らが単なる商売人でなく、将来展望を見据える経営者であるならば、あの静寂と美しい景観が戻ってくることを期待したい。


posted by ねぇ at 15:19| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

新しい相棒

新しい相棒のMacBook Proがやってきた

IMG_0048.jpg

IMG_0331.JPG


白いお弁当箱ことMacBookは9年使用し、最近は起動時に「ツーーーーーー」といってエラーが起こることもありました。もう、寿命以上にがんばってもらっていたので、買い替えることにしました。

MacBook Airでも良かったのですが、光学ドライブがないというの落ち着かなくて。もはや、わが家のPCはiPhoneとiPadのバックアップとFlashを使用したウェブサイトの閲覧用でしかないのですが、ストレージとして重要でもあるので、いろんなケーブルがつなげるという安心感は譲れないものがありました。
そこで、MacBook Proの13インチ、Retinaディスプレーでない方を選択しました。

はじめはWifi経由でデータ移行を試みましたが、27時間もかかると表示されたので、断念。タイムマシーンで回収しておいたデータを有線で読み込みました。それで、1時間もかからずにセッティング完了。いつもながら、Apple製品の直感的な操作性の高さに感心しきりです。

Retinaでなくても、古いMacBookから比べれば画面は非常にきれいです。
新しい相棒、もう少し活用してあげたい気持ちがあるので、画像処理やFlash作成くらいは身につけたいなぁ。

もう、Appleなしでは生活できません。

posted by ねぇ at 10:49| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

ガーデニングコンテスト

IMG_0025.jpg


梅雨が明け、芝生を楽しむシーズンがやってきました。

芝を張ってもらってから1年。参考書を頼りに手入れしてきました。おかげで、ご近所さんも、造園業者さんまでが褒めてくださる芝になりました。

そこで、ちょっと欲を出して22日まで開催中のガーデニングコンテストに参加しています。芝刈り機や肥料などでお世話になっている芝用品通販のバロネス主催です。

投票はこちらのリンク先から
春のガーデニングコンテスト by バロネス

投票するのは、11番のねぇさんですぞ!


ご褒美もらえたら、また頑張れる!

posted by ねぇ at 11:48| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

5:45

IMG_0243.jpg


現在、朝の4時半。夜明け前に目覚めてしまう毎日です。
朝早くから農作業が始まる地域では、そんな不眠症も悪くないのです。

自宅近くにある農家の直売所は、週に4日だけ開かれます。その開店時間は、

5時45分


そこのトマトが美味しいよ、とご近所さんに教えてもらったので出掛けてみました。自宅から歩いて行ける、唯一の店かも。

直売所には2種類あります。道の駅や農協が多くの農家から仕入れている直売所と、個人の農家がやっている直売所。近くの店は、後者にあたります。

さて、5時過ぎ。行って見ると、まだ誰もいません。商品もないので、一度家に戻りました。
再度、開店には少し遅れたタイミングで到着すると、店の周囲は車だらけ。商品は片手ほどしか残っていません。ラッキーなことにトマトを2袋は確保できました。

なんでも、開店数分前から並び、開店後5分で全てが売り切れるそうです。なんて熱いんだ!

確かに、果実味が濃く、少し青臭い昔のトマトって感じで美味しい。かぶりつくにはちょうどいい大きさも、嬉しいのです。トマトは評判らしく、開店前から争奪戦で殺気立っているらしいのです。

あらあら、もう5時過ぎ。
今日はどんな野菜があるかしら。出掛けてきます。

*******************************************************


一番乗りの戦利品


IMG_0245.JPG


これで900円。
もう、都会では暮らせません。


posted by ねぇ at 06:10| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

噛みしめどころ

現在、私の顔は女優顏である。

転勤生活も落ち着き、やっと一所の歯医者で腰を落ちつけて治療してもらうことが可能になった。

ところが、右奥歯の治療がもうすぐ終了というところで、先生が入院してしまった。なんとも、運が悪い。
歯科大学から日替りで代診の先生は来てくれるようになったけど、私はひとりの先生に総合的に診てもらいたいと考えているので、被せものは先生が診療に復活するまで右の奥歯はないままで過ごすことにした。

ところが、本当に私は運が悪い。
右奥歯がない状態で、左の奥歯の歯根が感染のために炎症が強くなったのである。

代診の歯科医としては、両奥歯がない状態は食べるのに不便だろうから、なんとか様子見したいようだった。だけど、そのままでも機能していないから、被せものを外して治療してもらうことにした。

女優は小顔に見せるために、奥歯を抜くと聞いたことがある


まさに、今の私は女優顏である。で、小顔効果については言及しないでおこう。

両奥歯で噛みしめたり、食べ物をすりつぶすことができないのだけど、1週間もすれば慣れてしまった。その分、ゆっくり噛んで食べるようになった。なにひとつ、不自由に感じることはない。

入れ歯は嫌だから、数本の自分の歯で過ごしているお年寄りがいる。
その気持ちがよく分かる。一気に歯の数が減ると困るだろうけど、1本2本と徐々に減る分には、大した不自由はないように思う。自分の身体にあった食事内容にすればいいのである。

それよりも、義歯といった人工物を入れる方が、よほど不自然である。

左奥歯の治療も長引いているので、まだしばらく、私の女優顏は楽しめそうだ。

posted by ねぇ at 06:43| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

1+1が2になる理由がわからない

1+1が2になる理由がわからない。
これは、小学生のころからずっと持っている疑問。

決して、算数や数学が苦手だった訳ではない。どちらかというと、数学は得意だった。抽象的な証明問題も難なく受け入れていた方だ。
その裏で、この疑問をずっと持っていたのである。

まず、+という記号が「加える」という概念を固定的に表すのは、単なる表象である。意味は文化的に後付されたものである。
1というのが、量なのか、数なのか分からない。数と量を足すことは不可能なのだろうか。
同じものを加えて2になるならば、2+2=2でも良いのではないか。
などなど。

なにひとつ、すっきり分かるものはない。
この延長で、この世は儚い幻。生物界の進化形が人間だと勘違いしているように思える。地球を包括する宇宙ですら、なんらかも物質世界の一部でしかなく、異なる形で進化した有機体が、どこかで異なる進化を遂げている可能性を否定できない。

「無い」ことや、「必然性」といったことを文章で説明することに限界がある。
そこには観念的な表象が介在しているので、理解できないものは理解できない。

ほんの数人にしかこの話はしたことがない。
しかし、いつも読んでいるあるブログで、「1+1はなぜ2にならなければならないのか?」と聞いた人がいたとあった。なんだか、ホッとした。

GWは、自分の中の不思議ちゃんと付き合ってみてもいいかもしれない。

posted by ねぇ at 19:04| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

2012 春の1枚

IMG_0098.JPG


大王わさび園にて
午前中の方がきれいに見えますよ



posted by ねぇ at 17:02| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。