2014年10月17日

イタリアの旅;ポンペイとローマへの移動

IMG_0830.JPG


ナポリから日帰りツアーでポンペイ遺跡を訪れました。
ベスビオ火山の噴火により、火砕流によって埋もれました。火山灰は6メートルも積もったと言われています。1900年前のポンペイの街がそのまま埋もれていたと言われています。こうした赤い壁も劣化する事なく採掘されました。
パン屋さんの釜や、牛が引いた車の轍まで残っています。

また人間も灰に埋もれました。
もちろん肉体は朽ちています。その空洞に石膏を流すと下の写真のような人形が取れるのです。そんなことが可能なのか半信半疑でしたが、採掘した物を保管してある倉庫に数体が入れられていました。

IMG_0812.JPG


いろんな姿勢の人形を見ると、本当に一瞬の出来事だったのだなと分かります。

翌朝、ナポリからローマへ電車で戻りました。
チケットブースは整理番号が発行されていて、整然としていました。15分ほど待ったら、おじいさんの係員に呼ばれました。

ねぇ 「ローマに行きたいんですけど」
係員 「一番早いのは5分後だよ」
ねぇ 「えっ、あ、じゃそれで」
係員 「えーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、発車のプラットホームは、、、、、、、、、、、、、、17番だ」

この時点で3分前。さっさと払って振り返れば、目の前が17番ホーム。しかし、我々の車両は11両目。手前が1両目なので最後尾じゃん。
日本の電車は発車の音楽とかなるけど、海外では無音ですーーーっと発車するのがお決まり。大きなスーツケースを持って走る、走る。5両目辺りで列車に飛び乗るものの、大きな荷物を持っての車両移動はままならぬ。

とりあえず出発までに席にたどり着きました。
しかし、私の席にはおばあちゃんがいます。私たちがスーツケースの置き場に困っていたら、車両の端に置いてきたら良いと教えてくれました。しかも、発車までは見張っていないと、発車間際に盗む輩がいると教えてくれました。ナニゴトにも気を使うイタリアの旅。

1時間ほどでローマに無事到着。車内のディスプレイにも、どの辺りを走っているか、次の停車駅はといったことが表示されるので、安心して乗っていられました。

IMG_0838.JPG


ローマに着いてみれば、数日前と変わらぬ雑踏。
ローマの最終日が始まります。

posted by ねぇ at 16:18| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

イタリアの旅;ナポリピッツァ

IMG_0834.JPG


「ナポリのピザが食べたい」で始まったこの旅。ナポリ滞在の2日間の昼間はツアー参加なのでメニューを選べず。1日目の夜は青の洞窟で疲れきり、近隣レストランのパスタで済ませてしまいました。

プレッシャーのかかるナポリ最後の夜。
Tonoが「ここまで来てピザを食べささないと、また連れて来なくちゃならなくなる」と気づいてくれて、必死のピザを食べられる店を探したのです。
中心部から少し離れた所に宿を取ったからか、治安の悪いナポリの夜にウロウロしたくない気持ちもあり、ホテル近くの店で夜にピザを出してくれる店がみつかりません。(ピザって軽食?)
1時間くらいウロウロしたところで、やっと見つけて食べたのが上の写真のマルゲリータ。4ユーロなので600円ほどでしょうか。バジル少なめなのが気になりますが、なんとも美味しかった。生地がもちもちしているのに、重くないのです。トマトソースは酸味が効いてました。

ナポリのホテルはPiazza Beliniを選びました。清潔で、スパッカナポリ徒歩圏内なので良かったです。ホテルスタッフも親切です。

ツアーで一緒になった人に「個人手配旅行だと、ホテルはどうやって選んでますか?」と訊かれました。改めて訊かれると総合的にとしか言いようがないのですが、大酒飲みのわが家としては夜道を歩くのもタクシーも怖いので、レストランがいくつかあるエリアを選んでいます。
いつも地球の歩き方&インターネットを駆使して選ぶのですが、地図上で徒歩圏内にレストランが3軒くらいあれば、実際にはその倍以上のレストランがあることが多いです。
また、昼間に徒歩で移動する範囲を広くしておくと、夜の食後も歩いて戻れますし問題ありません。公共交通機関が使えれば、なお良いです。

ローマでは地下鉄とバスを使いました。スリさえなければ、公共交通機関が快適です。ローマで最後に空港に向かうタクシーは、ホテルに呼んでもらいました。町中に「タクシーで空港までは**ユーロです!」って張り紙が至る所に貼ってあったので、よほど不正に請求する運転手が多いのだと思います。
今回、ナポリのタクシーはひどかった。登録してある正規のタクシーにタクシー乗り場から乗っても、2倍も料金取られたりしました(翌日、その事に気づいた)。ホテルから呼んでもらったタクシーはちゃんとしているので心配ないです。

ガイドブックは地球の歩き方に尽きます。これがなければ、わが家の旅はできません。

まだ続くイタリアの旅。

posted by ねぇ at 16:07| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

イタリアの旅;青の洞窟

ローマ発ナポリ着の青の洞窟・カプリ島ツアー(日帰り、日本語)に参加しました。→ミキトラベルのサイト

現地ツアーに参加する時は英語ツアーを利用していたのですが、海に落ちた時に日本語で助けて欲しいという理由で、日本語ツアーにしてみました。ローマからナポリへの移動も兼ねられるのが魅力です。

ナポリ港からは、高速船→モーターボート→クルーザーと乗り継ぎます。最初の2つは問題ないのですが、クルーザーで洞窟入口に着いてからが大変です。そこには団体客のクルーザーやお金持ちのヨットなど様々な船が集まっています。しかし、洞窟内に入る小舟は10隻もないほどです。ヨットの客はたくさんチップを払うんだろうななどと思いながら、小舟の順番が来るのを待つ事になります。

IMG_0773.JPG


今回は待ち時間30分ほどですが、波に揺られる船で待つのは苦痛です。もう、吐いている人もいました。ガイドさんによると3時間も待つ事があるそうなので、酔い止めは飲んだ方が良いと思いました。

順番が回ってきました。
小舟に移る時にバランスを崩しそうになりながら、なんとか乗船。Tonoの足の間に座る形です。このまま一気に洞窟へ。入口が狭いので仰向けにならなくてはならないのですが、船頭さんも乗っかってくるので、とってもスリルがあります。そして待っていた光景がこれ。

IMG_0790.JPG


イタリアの旅は続きます。



posted by ねぇ at 10:35| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

イタリアの旅;ローマ

IMG_0855.JPG


7泊9日のローマ・ナポリの旅。きっかけは、「ナポリのピザを食べてみたい」でした。

まずはローマに4泊。これは、少し長過ぎた。ローマは3泊でもゆっくり見て回れると思いました。
フォロロマーノやコロッセオなどは、友人のアドバイスで朝一番にフォロフォマーノでチケットを買うことで、混雑に巻き込まれずに見て回る事ができました。

スペイン広場に寄った帰り、地下鉄が大混雑で押せ押せと乗車したところ、立ち位置が少し離れてしまったTonoが「スラれた」と言いました。「????」

スリと言えば、知らない間に財布などを取っていくものと思っていました。しかしTono曰く、ズボンのポケットに荒々しく手を突っ込まれてスラれたと言うのです。日本のスリはプロだけど、ローマのスリはアマチュアなのか。。。どおりで、中高生くらいの子ども達が慌てて車両から降りていきました。

イタリア旅行の洗礼かよ


まあ、スラれたのが電車賃として入れておいた「見せ金」なので、仕方ありません。カード類やパスポートが無事だっただけに、ダメージは最小限でした。

それでもTonoは嫌な思いをしたらしく、できるだけ手ぶらで出かける事となりました。一番安全なのは、ホテルの部屋のセキュリティボックスかな。

お気に入りのレストランを見つけました。


IMG_0858.JPG

 
ウェイターさんがキビキビ働いていて、なにより美味しい。日本語メニューもあるけれど、英語メニューの方が料理の様子がよく分かるかも。日替りのお惣菜で前菜盛りとか作ってくれるし、毎日行っても飽きないです。デザートのプリンもおススメです。
実際に3回も行ったので、オーナーさんまで覚えてくれました。

ある日はバチカンから3時間くらいかけて駅前のホテルまで歩きました。パンテオンやトレビの泉といった観光スポットを巡りながら歩けるように標識が出ています。途中、Gelateria Verde Pistacchioで絶品のピスタチオのジェラートを頂きました。甘さ控えめなのに濃厚で、日本では食べた事のない味でした。

IMG_0745.JPG



まだまだ続く、イタリア旅行報告

posted by ねぇ at 10:44| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

おつかれさま

おつかれさま。
長らくのブランク。その理由は、

私、東京に引っ越しました


いや、転勤の話を聞いてからが長かったような、短かったような。
話を聞いた時から2週間は涙、涙で記憶がない。

泣いていても何も解決しないから、仕方なく引っ越し準備を整えて、
目処がついた時点で、予定していた夏休みのイタリア旅行。

イタリアに行ってもふて腐れていたのだけど、途中でTonoがスリに遭い、ハッと頭のギアが替わったの。そこからは、イタリア旅行を楽しみました。

東京でやりたい事。。。。特になし。
それより、慣れるまでにしばらくかかりそう。

ぼちぼち、イタリア旅行の報告していきます。

posted by ねぇ at 15:32| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ささいな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

奇 遇

昨日の事。

英会話の先生宅からの帰途、常念岳登山口からの道を車で下っていると、登山姿の60代くらいの男性がひとりで歩いている。登山口からでも相当な距離歩いたと見られるし、こんな舗装道路を登山者が歩いているのはめずらしい。

そこで、車を止めて声をかけてみた。「乗っていきませんか?」

男性は泥だらけの靴を理由に遠慮していたけど、構わないからと言うと、助手席に乗ってきた。
さて、駅にでも行くのかと思って行き先を聞くと、知人が迎えにくるので目印となる場所ならどこでも良いと言う。ちょっと戸惑った。

でも、いろいろ聞いていると、Tonoの職場が最終目的地なのだと分かった。そして遠慮がちに「お風呂に入りたい」とおっしゃるので、日帰り温泉施設まで送って差し上げた。

その道すがら話していると、その方の娘さんとTonoは同じ職場だと分かった。

翌日、その娘さんがTonoにお礼を述べたという。
周りにいた人たちも興味津々に事情を聞き、「ねぇさん、よくおじさんを乗せたねー」と言っていたらしい。

私は若い頃、ヒッチハイクで乗せてもらっていた側だし、怪しくなければ他人を乗せるは全然かまわない。そんなことより、偶然が重なって、知り合いだったと言う事の方がびっくりだ。
鳥肌ものだった。

posted by ねぇ at 11:08| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 好奇心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

岡山再訪

IMG_0670.JPG


Tonoの学会で岡山に行ってきました。
岡山は新婚時代に1年間過ごした場所。しっかりと当時のマンションも残っていました。

大雨の初日、観光スポットはないかと観光案内所で見つけたのが、キリンビール岡山工場の見学。工場に電話して予約をしたら、岡山からの電車の時間や、最寄り駅からの送迎まで手配してくれました。大雨だったので本当に助かりました。
愛飲している一番搾りを工場できたてで試飲できて、大満足でした。前回のサントリープレモル工場に続き、ビール工場見学はクセになりそうです。

IMG_0664.JPG


Tonoのたっての希望で、広島ズームズームスタジアムにも足を伸ばしました。新幹線で40分。駅からは赤い大行列です。ラッキーにも内野席チケットが残っていました。
シーソーゲームで一喜一憂の大盛り上がり。最後には勝って、無事に最終新幹線にも間に合い、岡山に戻る事ができました。

IMG_0675.JPG


最終日はひとりで姫路におでかけ。
折しも大河ドラマ展開催中だったので、官兵衛を満喫。姫路城は天守閣には入れなかったけど、見学者が少なくて、長い廊下をひとりきりで歩いたり、当時の空気を感じる事ができました。
天守閣は外観の補修は終わっていたので、きれいな姿を見る事ができました。

posted by ねぇ at 13:34| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Happy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

50キロ

夏休みの旅行を計画中のねぇです。

去年の春にスポーツジムに通いだして以来、真面目に通い続けています。それで、50キロもダイエットした。。。。なんて話ではありません。

去年の秋から2ヶ月、筋肉トレーニングの個別指導をお願いしました。だって、筋トレマシーンって、単調なんだもの。そこで、フリーウェイト(ダンベルやバーベル)を使ったトレーニングを教えてもらったのです。

そこでハマったのが、ベンチプレス。
はじめは、20キロのバーだけでも挙げるのは大変。ぐらぐら、ゆらゆらやっていました。それから半年。。。なんと、50キロも挙げられるようになったのです。

ちなみに、通っているジムの女性の最高記録は60キロらしいです。

いや、女性でも40キロくらいまでは挙げられる人が結構いるのですが、それ以上となると多くはないという話でした。だから、個別指導が終わってから自己流でやっている私なんか、40キロも挙げられれば良いじゃないかと思っていました。

しかし、この数ヶ月。
試しに45キロに挑戦してみると、成功!
ベンチプレスの大会に出ているスタッフさんに補助をお願いしたところ、50キロも成功してしまったのです。

でも、ぜんぜん痩せない


ちゃんとキックボクシングを取り入れた有酸素運動もやっているんですけどね。盗み食いを止めない限り、ダメですね。

フリーウェイトをやっていると、身体の変化を実感できるのです。だって、出来なかったものが、できるようになるんだから、身体のどこかが変わっているはずです!

というわけで、奥様は筋トレとキックボクシングで、どんどん強くなります。ジム内の記録にも挑戦してみようかな〜。


posted by ねぇ at 13:40| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好奇心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

自分を探すということ

この春休み、4組のゲストが来訪してくださいました。平凡な日常に飽きているので、大歓迎です。

その中のひとりに、一人旅の高校3年生の男の子を迎えました。友人の息子です。この頃の一人旅といえば、「自分探しの旅」に決まっているじゃないですか。

本人は「きれいな景色を見たい」と言っているのですが、どう考えても自分探しなのです。山の風景や星空を眺めて帰りました。何か、刺激になっていたらいいなぁ。

さて、そんな「自分探しの旅」の話を中学1年生の甥っ子に話した所、

「何を探すの?自分はそこにいるやん」


と言うのです。そのとおり。おっしゃる通りなんだけど、探したくなるのが自分なのですよ。どうやら理解できないみたいなので、その兄(中学3年生)にも聞いたところ、ちゃんと理解してました。

「自分が何者かって考える事」


そうか、中学生も後半になってくるとこういう概念も理解できるんだね。ちょっと甥っ子が頼もしく感じられました。

ゲストはいろんな刺激を持ってきてくれます。ありがたいことです。
posted by ねぇ at 10:57| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | ささいな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

軍艦島

熊本も4泊したら、ちょっと飽きます。
日帰りでどこか行こうかと考えて、中心部にある交通センターの旅行カウンターで日帰り旅行を探しました。

そこで見つけたのが軍艦島ツアー。ここは、Tonoの出張で訪れる機会もないだろうし、ひとりで行くにはうってつけ。早速手配してもらいました。

日帰りツアーと言っても、カーフェリーや高速バスを手配してくれて、自分で乗り継ぐ個人旅行の扱いでした。

交通センターを出たツアーバスは、フェリー経由で雲仙普賢岳の火砕流跡地に立ち寄ります。溶岩ドームは生々しく、埋もれたまま家は当時をしのばせてくれます。
IMG_0575.JPG


IMG_0577.JPG


途中、バスの乗客が行方不明になる(違うバスに乗っていた)というハプニングがありましたが、無事に長崎港の軍艦島ツアーに間に合いました。

IMG_0586.JPG


廃墟ブームで有名になった島ですが、今はツアーでしか渡航できないそうです。軍艦島について解説してくださるガイドさんは、とても詳しく説明してくださり良かったです。
人が作る産業の栄枯盛衰について、肌で感じられる場所です。人間が作ったものは自然には還らない。荒廃していくのみであることを実感しました。

IMG_0596.JPG


IMG_0592.JPG


帰りは熊本まで高速バスで3時間。土地勘があったら、こんなに遠い日帰り旅はしなかっただろうけど、良い巡り合わせで軍艦島に触れる事ができました。

posted by ねぇ at 00:00| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。