2012年12月07日

自己承認欲求

自己承認欲求は正式な用語ではないが、承認欲求ならwikipediaにあるようだ。→wikipedia
私がここで述べる自己承認欲求とは、自分を肯定的に評価してもらいたいという欲求のこととする。

最近、教育関係のあるプロジェクトに関わらせてもらっている。
プロジェクトである限り、なにか課題を追求したり、問題解決が本来の目的である。決して、クライエントから感謝されることは副次的なことであり、いくら感謝されても目的を達せなければ意味がない。

さりとて、直接的にクライアントに関わっていると、感謝されると気持ちがいい。
感謝は私のあり方を承認されることであり、感謝されると自己肯定感がアップする。

教育に関わる限り、その人の生物学的な成長や、日常でプロジェクト以外の場面で学習してくることがあるために、プロジェクト単体の効果というのを切り離して考えることは非常に難しい。

何が言いたいかというと、このプロジェクトの効果や成果を見れないために、ついつい感謝の言葉という分かりやすい形で満足してしまいがちという反省である。

私だってもちろん、自己を肯定的に承認してもらいたいという欲求がある。
この欲求を満たすだけで満足してはいけないのだけど、プロジェクトの成果を切り離せない以上、自己を承認してもらうことでしか、プロジェクトの評価をできないという堂々巡りになっているのだ。

やりがいはある。効果は目に見えないだけなのかも知れない。このプロジェクトを企画した人が身近にいないから、確認のしようがない。これが大問題。

医療や福祉でも同様なのだが、クライアントからの感謝というのは得やすい。しかし、それが問題解決に繋がっているかというと、必ずしもそうでないだろう。

やるだけで満足したくない、そう思いながら、クライアントに関わっている。自己承認欲求の充足は、副次的なものであることを忘れないでいたい。

posted by ねぇ at 15:42| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ささいな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

おこひる

アップしない理由。。。別にないんですけど。
たわいない話から。

先日、地元のりんご農家さん宅にお邪魔する機会があった。時間はちょうどおこひるの時間。
早速に、りんごはもちろん、ほうれん草のおひたし、ケーキや漬け物とコーヒーやお茶を頂いた。この品揃えは、この辺りでは常識らしい。

私は来客時にだけこれだけの品揃えかと思っていたので尋ねてみたら、普段の農作業の合間にも同様の品揃えらしい。私のリサーチでは、

お菓子
フルーツ
煮物
漬け物
コーヒー
お茶


これがベースと思われる。以前、大工さんのお家でいただいたのも、同様だった。
やっぱり、農作業は力仕事なんだなとか、お嫁さんは仕事が多いんじゃないのとかいろいろ考えた。

帰りに「りんごはまーるく剥いたらだめよ」と言われた。この辺りでは、櫛形に切り取った一切れを剥き、食べる人に手渡し、また櫛形に切り取るという作業が続く。この方が、表面が乾燥しなくて、食べたいだけを食べられるという知恵を授けてもらった。

ぐ〜たら嫁なんだから、たまの休日くらいおこひる並のもてなししなくちゃな。
その前に、二人で活動的にならなくちゃ。

おしまい。
posted by ねぇ at 19:56| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

20の私事

今日は結婚20周年の記念日。

1年目 岡山のレストランでお祝いしたら、お会計でびっくり
2年目 新宿の大きな犬がいるマンションで寂しく過ごした
3年目 安曇野に赴任して、官舎のみなさんに救われる
4年目 3ヶ月新宿を経て、松戸市へ
5年目 松戸に2年住んだんだっけ?
6年目 パンがおいしいからと説得され、ボストンへ
7年目 英語なんてできなくてもへっちゃら
8年目 裏の世界のベビーシッターとして活躍
9年目 またの新宿暮らしにげんなり
10年目 社会人入試をパスし、大学で心理学を学ぶ
11年目 実験に全力投球しすぎだって
12年目 ゼミっておもしろーい
13年目 単身赴任中に卒論と院試をなんとか克服
14年目 自分が一番びっくりした大学院進学
15年目 修論はなんとか
16年目 実力不足な博士課程
17年目 休学すれば、エネルギー蓄えられるかな
18年目 指導のおかげで、論文通った!でも、退学
19年目 慣れない土地での家づくりに奮闘
20年目 引っ越しのない生活って快適〜

夫婦のイベントが減って、自分のイベントばかりになってる。。。
Tonoにとっては本当に大変な20年だったろうけど、わたしにとっては幸せな20年だった。

わが家に子どもはいないけど、孫のように成長を見守っている子は世界中にいてくれる。親も元気。なにより、仲良くやっているし、これからも仲良くやっていけそう。

また1年、楽しみに過ごそう。
 
posted by ねぇ at 21:19| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

ディスポ

ディスポ=disposal


要は使い捨てのこと。
友人の多くはナースなのだが、どうも家庭生活においてもディスポを好む傾向にあると感じることがある。

お皿やタオルは洗えば清潔と思われるだろうが、ディスポ族にとって洗ったものは完全な清潔とはいえない。さりとて、ディスポ族は潔癖性とは異なるのだ。

特に、タオル


一般的にも、結婚したとたんにバスタオルの洗濯頻度で揉めるってことがあるだろう。毎日洗うのか、3日に一度の洗濯で我慢できるのか。みんな、自宅が常識と思っているので、けんかしたところで解決策はないのです。妥協あるのみ。

ディスポ族はそんなレベルでないのです。
ある友人宅では、一度使ったタオルは全て洗うといいます。手を拭いただけ、顔を洗っただけでも洗うのです。人数が多くなると、洗濯のために生活しているみたいになるけれど、そうしてでもタオルは毎回洗濯済みという気持ち良さには変えられないのでしょうね。

私の最近の希望は、トイレのタオルをペーパータオルにしたい。
だって、家族といえどもトイレ後のタオルを共有するのって気持ちのよいものではないのです。環境に優しくないと言われても、トイレだけは妥協できない。
せめて、来客のときくらいタオルをディスポにしたいのです。

また、ぞうきんも大問題。
古来、日本の掃除はぞうきんとバケツが必需品。でも、手洗のぞうきんで拭くことが耐えられないのです。それなら、拭かない方が清潔だと思っちゃう。
ぞうきんは、必要のなくなった衣類を切ってディスポってことでやり過ごしています。あとは、赤ちゃんのオシリ拭きをぞうきん代わりに拭き掃除します。

たぶん、職業病みたいなもので、清潔なところを不潔な再利用もので拭くということが耐えられないのです。

そんなわが家は決してきれいではないので、潔癖性とディスポ族が同意でないことは一目瞭然。
ゴミに厳しい日本ではディスポ族を続けることは難しく、ちょっとした悩みなのです。
posted by ねぇ at 16:53| 長野 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 好奇心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

夏休みの報告

えー、復活。今年はミノマイシンがよく効いたので助かった。

今年の夏休みは、「南東北でお金を使おう!」ってテーマでした。
安曇野から中央道、上信越道、北関東自動車道を経由して、東北道へ。

● 栃木県那須塩原 大丸温泉旅館
那須塩原は連休最終日ということもあり、メインロードには渋滞ができるほど活気がありました。クールビズ仕様のアルパカで癒された〜。
大丸温泉旅館は那須塩原温泉郷の最も奥に位置します。お料理は質・量ともに普通の温泉旅館だけど、川の湯がとても気持ち良くて再訪したいくらいです。チェックインしてすぐに布団を敷いてもらい、チェックアウトまでごろ寝生活。天気も悪かったので、Tonoと二人で読書でゆっくりできました。

● 福島県裏磐梯 イル・レガーロ
今回の旅行は、福島の宿ががら空きなので少しは貢献したいということから始まりました。計画してみると日程が長くなったので、途中にワインメニューをということで、泊まれるイタリアンレストランであるイル・レガーロにしました。お料理もおいしいけれど、パンが絶品だった。こんなに美味しい食事パンは、かつてないほどだった。
残念ながら、宿泊客はわが家のみ。ディナーは一般の客と同席だったのですが、結局誰も来ず。ゆっくりできていいけれど、福島の観光業界の厳しさを垣間みました。

どうしても福島の農作物を買いたかったので、裏磐梯の道の駅に立ち寄りました。妹宅へ新米を送ったり、自宅用に買い求めたりしていると、お店の方が自作の沢庵をお土産にくれました。まだ日程が残っていたので、ずーーーっと車内は漬け物臭で充満。。。だけど、気持ちがうれしくて大切に持って帰りました。本当に美味しい沢庵でした。
福島でお金を使いたくても、磐梯山の観光道路は無料化されているし、お金を使うような観光施設がないのよね。大内宿も駐車場だけ有料でなにもお金を使わない。あとは鶴ヶ城と大自然か。しれてるな。
酒蔵でもと考え、栄川酒造を再訪しました。やはり、ここの日本酒は私好みのさわやかでジューシー。たくさん、たくさん買い求めておきました。

● 宮城県作並温泉 ゆづくしsalon 一の坊
塩竈でお寿司を食べてから、作並温泉へ。東北道はまだまだ震災からの本復旧工事だらけです。
それでも塩竈の市内は取り壊された建物が目に付くけれど、とても活気がありました。
宿泊先の一の坊。。。もう、いいかな。旅館の食事に飽きていたので、夕食なしでも泊まれることは評価できそう。

今回の感想は、福島の観光業界はまだまだ活気が乏しいと思いました。ずーっとお天気が悪かったけど、福島は特に人が少なかった。子連れを見たのは一組だけ。大して力になれないことが、虚しく思えました。

初日から熱を出していたのに、絶対に貴重な夏休みを中断したくなかったので、旅行は計画通りに過ごしました。きっとそのせいで、肺炎が悪化したのね。2年続いて同じ時期に体調を崩したので、来年こそは気をつけたいと思います。
ご心配おかけしました。
posted by ねぇ at 16:10| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

近況

ウィルス性肺炎にて、療養中。。。なんときれいな、肺炎像のレントゲンでしょ。いつか、アップしたいくらい。
この時期の肺炎って、去年の二の舞。

夏休み報告は、秋半ばになりそうです。
早く球根植えたい(泣)
posted by ねぇ at 16:01| 長野 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ささいな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

静寂の価値

IMG_0335.JPG


週末、中山高原のそば畑を見に行ってきた。

去年も訪れたのだけど、今年は残念なことがあった。
地元商工会がスピーカを使って、大音量でロケの様子をアナウンスしているのだ。また、途中にあった小屋をレストランに改装し、たくさんのぼりを立てて宣伝している。写真は苦労して撮ったのぼりが少しだけのバージョン。多くのカメラマンが訪れていたが、北アルプスをバックにした写真を撮りたくても、のぼりや宣伝用のテントと車両が邪魔になったことだろう。

静寂には価値がある



以前、このブログで『うるさい日本の私』という本を紹介した。→過去ログ
垂れ流しのアナウンスは、音環境を破壊する。
そば畑なんて自然を楽しみに来ているのに、大音量なんて問題外である。(商工会の人には苦言を呈した)

さらに、景観が売りなのに、それを阻害してどうするよ。
宣伝したいなら、駐車場エリアに限定すれば良い。そうすれば、多少の音も広告物も景観を阻害しない。

これが、去年の写真。不要なのぼりや車両がなくて美しい。どこからでも写真が撮れる平和な時間を楽しめた。
110827_1307~01.jpg


商工会の人が、ないことの価値を学ぶのは、観光客の足が遠のいてからでは遅いのだ。彼らが単なる商売人でなく、将来展望を見据える経営者であるならば、あの静寂と美しい景観が戻ってくることを期待したい。


posted by ねぇ at 15:19| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

新しい相棒

新しい相棒のMacBook Proがやってきた

IMG_0048.jpg

IMG_0331.JPG


白いお弁当箱ことMacBookは9年使用し、最近は起動時に「ツーーーーーー」といってエラーが起こることもありました。もう、寿命以上にがんばってもらっていたので、買い替えることにしました。

MacBook Airでも良かったのですが、光学ドライブがないというの落ち着かなくて。もはや、わが家のPCはiPhoneとiPadのバックアップとFlashを使用したウェブサイトの閲覧用でしかないのですが、ストレージとして重要でもあるので、いろんなケーブルがつなげるという安心感は譲れないものがありました。
そこで、MacBook Proの13インチ、Retinaディスプレーでない方を選択しました。

はじめはWifi経由でデータ移行を試みましたが、27時間もかかると表示されたので、断念。タイムマシーンで回収しておいたデータを有線で読み込みました。それで、1時間もかからずにセッティング完了。いつもながら、Apple製品の直感的な操作性の高さに感心しきりです。

Retinaでなくても、古いMacBookから比べれば画面は非常にきれいです。
新しい相棒、もう少し活用してあげたい気持ちがあるので、画像処理やFlash作成くらいは身につけたいなぁ。

もう、Appleなしでは生活できません。

posted by ねぇ at 10:49| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

床下エアコンのフィルター

久しぶりに家ネタです。

わが家は床下に置いたエアコンで暖房しています。操作はリモコンで問題ないのですが、フィルター掃除はどうなるのかとても気になっていました。
ただ、多くの施主さんがいるけど、フィルターの管理に関するコメントは聞いたことがないし、他の施主さんのブログでも言及されたことはなかったので、なんとかなるだろうと思っていました。

自分で床下に潜ればいいのでしょうが、インドア派&超ビッグな私は潜れるはずもなく。。。ワンシーズンが終わりました。

先日、清掃業者さんに来ていただく機会があったので、ついでに見てもらうと、

IMG_0312.JPG


きれい〜


フィルターの自動清掃は知っていたので、埃がたまる部分も見てもらいましたが、びっくりするくらいきれいでした。業者さんも感動してました。二人で、よほど床を乗せる前に床下の清掃をしたのでしょうねと感心しきりでした。

清掃業者さんは、高い床下に感激。しかも、床下は室内より冷え冷え。冷房の冷気が溜まっているせいでしょうね。わが家の床下なら、何度でも潜ってくれるそうです。

半年ほどもフルに稼働していてこの様子なら、3年に1回でもいいかもしれません。

posted by ねぇ at 19:05| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 好奇心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

通 称

長野県松本文化会館がキッセイ文化ホールに改称された。今流行りのネーミングライツというやつだ。

安曇野市には企業へのメーミングライツ権売買ではなく、愛称や通称として「みらい」や「きぼう」という一見分かり易そうな名前が付けられている。

「みらい」とは、安曇野市穂高交流学習センターというのが本名である。これを、「みらい」と呼ぶことにどんなメリットがあるんだろう。
穂高交流学習センターの施設概要は以下の通りである。

○中央図書館…1,625平方メートル(開架15万冊、閉架5万冊)
○展示ギャラリー…150平方メートル
○多目的交流ホール…185平方メートル(可動席160席+40席)
○楽屋(1・2)…12平方メートル
○地域学習室…120平方メートル
○グループ研究室…32平方メートル
○グループ活動室…26平方メートル


これって、中央図書館+多目的交流ホールとその付属施設ということだよね。「みらい」って言われても、何に利用できる施設か分からない。通称って必要なんだろうか?

通称を決めるには、公募にかかる費用が必要だ。看板の文字数だって増える。なのに分かりにくいってどういうこと?

本名の穂高交流学習センターでさえ、図書館には結びつかない名前だ。それでも、場所だけでもわかるだけありがたい。「みらい」では、どこかも何かもわからない。

ネーミングライツはもっと深刻だ。
施設の場所も機能も表さない。しかも、数年で名前が変わってしまう。

名前ってもっとセンシティブなもの。見ただけで、どんな施設か分からないと利用に繋がらない。もっとプライドと価値のある名前を慎重につけてもらいたいものだ。

posted by ねぇ at 18:39| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会の疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。